2010年02月23日

ラジオスクールバンド/第二十四回(2010/2/23)

ラジオスクールバンド/第二十四回(2010/2/23)は
パーソナリティ 竹田のりえさんでお送りいたします。
CMを読んでくれるのは、ヤマハニーズは山口沙也香さん・田澤紫野さん
スイッチマンは東大介さんです。



(1)「ウエスト・サイド・ストーリーよりマリア」
作曲 レナード・バーンスタイン 演奏 ロイヤル・マリーンズ・バンド
イギリス海兵隊のロイヤルマリーンズが擁する吹奏楽隊が毎年行っている「マウントバッテン・ミュージック・フェスティバル2001」より。

ロイヤルマリーンズのプリマス、ポーツマス、スコットランド、BRNCと海兵隊音楽学校の学生による超・大編成バンドですが、大所帯と思えないすっきりとした演奏です。トランペットのすばらしいソロをお聴きください。

(2)「セビーリャの理髪師より空は微笑み」
作曲 ロッシーニ 編曲 フランシス・ルネ・ゲバウアー
演奏 外囿祥一郎 露木薫(編曲補筆)
めずらしいユーフォニアムによるデュエット。

編曲者のゲバウアーはもともとバスーン奏者で、このデュエットもバスーンに重奏として書かれていました。ちなみに「セビーリャの理髪師」とモーツァルトの「フィガロの結婚」はともにボーマルシェが書いた戯曲に基づいて作られています。ストーリー的には「フィガロ」は「セビーリャ」の続編です。

地域情報
□山鼻かしわ児童会館 3月のお知らせ
ナレーターは山鼻小3年 竹内華梨さん 清水美結さん

□寺町沙耶さんの心臓移植のための募金について
現在1億1800万集まっているとのこと。明朝、柏中生徒会有志も山鼻地区3箇所で募金活動を行う(ベンリー・山鼻ゴルフセンター・柏中)

(3)「サウンド・オブ・ミュージック・メドレー」
作曲 ロジャース&ハマースタイン2世 
演奏 東京ライジングブラスアンサンブル
有名な映画から誰でも一度は耳にした事のある5曲を、金管8重奏で。


【ご了承ください】
残念ですが、著作権保護のため、楽曲はネットで配信できません。
ご了解下さい。
みなさま、ラジオでの本放送をぜひお聞きください。
posted by やまてん at 00:00| Comment(0) | ラジオスクールバンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。