2010年03月23日

ラジオ市電特番! 第十二回目(2010年3月23日)

ラジオ市電特番! 第十二回目
この番組は、山鼻地域をつなぐ、路面電車(市電)について、さまざまな話題から考えていきます。



1、札幌の路面電車を考える
・市民の大半は市電に乗ったことが無い。先ず乗ってみて、路面電車の良さを知って
・延伸の目的;環境重視の社会、高齢化対応の社会、観光重視の都市、ドーナツシティからコンパクトシティヘの誘導と、都心活性化への「まちづくりの道具」
・反対の理由;
市民;直接恩恵受けぬ市民が多い、駅前通は三重投資、値上げしてまで
経済界商業者;車での荷捌き・来客に不便、テナント撤退が不安→来客は増える
バス・タクシー・駐車場 もろに影響を受ける→公設民営に参加を
建設業 地元業者の受注にならない→高速道路ランプを都心へでカバー?
怠慢は誰か? 20年間放置、切羽詰っての延伸提案。市長・市議・職員・市民も怠慢

2、路面電車延伸の全体計画提示を
・札幌周辺を含めた全体計画から検討を、都心部のみの延伸を考えることではダメ
・郊外を含めた交通のあるべき姿を示すこと。何故将来像を公表しないのか?
・公設民営も早くオープンに。前例に手稲斎場、大通高校。
・マスコミもミスリードをしかねない。市長の英断を望む

3、延伸ルートに関して
・都心地区線;西2・3丁目のループ案が本命?
・創成川以東苗穂地区線;市は創成川以東活性化を重視、将来は東4丁目線も?
・消えた?南1条線を大通りへ移設案
・山鼻南線も消えた。藻岩山施設再整備と連動していた?市民スキー場経由のロープウエー案?

4、事業主体
・公設民営が前提との情報が市民に伝わっていない
・欧米は公共交通の赤字は当然と市民は受け入れている
・2035年市の生産人口が6割をきる。それまでにインフラへの投資を

5、今後の市民サイドの活動 
・環境の視点から札幌の交通を考える市民セミナー Uを3月10日開催
・市民と市民団体の連携が大事に
posted by やまてん at 00:00| Comment(1) | ラジオ市電特番! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

ラジオ市電特番! 第十一回目(2009年12月29日)

ラジオ市電特番! 第十一回目
この番組は、山鼻地域をつなぐ、路面電車(市電)について、さまざまな話題から考えていきます。



前半 路面電車延伸に向けての動き
○路面電車基本計画策定案発表の段階へ
○新幹線札幌延伸が見えてきた 来年度設計着手へ?
○これからの市民の動き ほか

後半は 藻岩山施設再整備計画
○事業主体は誰?
○山頂に施設は必要か?変更案では収益施設は中間駅へ
○施設改築だけでは利用者は増えない。 ほか
posted by やまてん at 00:00| Comment(0) | ラジオ市電特番! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

ラジオ市電特番! 第十回目(2009年10月29日)

ラジオ市電特番! 第十回目
この番組は、山鼻地域をつなぐ、路面電車(市電)について、さまざまな話題から考えていきます。



今夜の【ラジオまちづくり市電特番】
藻岩山施設再整備(藻岩山魅力アップ構想)      
市電延伸ループ化とのつながりが大事な藻岩山ロープウエイなどについて

・来春から1年間休止だが問題が浮上
・当初計画した「藻岩山の魅力を考える会」には連絡ない
・ 藻岩山再整備準備室にてコンサルタントが表に
・公募プロポーザルしたが 2ヶ月で2案
・市民のご意見をと聴取したが

・山頂駅へのアプローチコースはそのまま
・山頂駅からは 森林体験型モノレール 雪にも大丈夫?
・山頂施設は 規模が2倍に、総ガラス張り

・市民が動き出した
・健全な経営が可能な事業を
・電停から山頂へ一直線に 今は可能とも
・市の目線は観光客へ、市民との違いの原因・

posted by やまてん at 00:00| Comment(0) | ラジオ市電特番! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。